自力決済の旨みとロスカット

FXの自力決済とはネット画面をオンにしておいて、
為替レートの変動のチェックしながらここぞというときに、
売買の決済をする方法です。

FXの醍醐味としては最高で、
利益が出せたときには、
震え上がってしまいそうです。

でもこのやり方だと
絶えず画面と向かい合っている必要があるのです。

でもFXの旨みは、
高いレバレッジの設定によってですから、
ネット画面をオンにしてないときに、
レートが動いてしまうと大きな損金が知らないうちに
発生してしまうことも起こりうるのです。

ですからそういった損金へのリスクを
回避できるのがロスカットで、
あらかじめ損金の上限をFX会社との間で
決めておくやり方として考えられているのです。

でも自動的にロスカットされた後に
再びレートが戻ってくることもあることも起こりうるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です